データ保護方針

一般データ保護規則に則った責任者:

Daimler AG (「当社」)
Mercedesstraße 137
70327 Stuttgart
ドイツ
Eメール: dialog@daimler.com

データ保護責任者:

Daimler AG
データ保護の企業グループ責任者
HPC G353
D-70546 シュトゥットガルト
ドイツ
Eメール: data.protection@daimler.com

1. データ保護

当社のウェブサイトにご訪問いただき、また当社製品に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。個人データの保護は当社の重要事項です。本データ保護方針では、当社が個人データを収集する方法、個人データを用いて行うこと、その目的、基盤となる法的根拠、さらにユーザーに関連する権限と請求権について説明します。本方針に加え、ダイムラーの情報保護規定も参照してください:Daimler Data Protection Policy (PDF)

当社ウェブサイトを利用するための当社のデータ保護方針と、Daimler AGの情報保護規定は、リンクを経由して当社ウェブサイトにアクセスできる、ソーシャルネットワークやその他プロバイダーのウェブサイト上でのアクティビティには適用されません。これらのプロバイダーのウェブサイトで、データ保護規定について情報を得てください。

2. 個人データの収集と処理

a. 当社のウェブサイトを訪問すると、次の特定項目が保存されます。ユーザーが使用しているブラウザとOS。訪問の日付と時刻。アクセスステータス(例えば、ユーザーがウェブサイトにアクセスできたかどうか、またはエラーメッセージが表示されたかどうか、など)。ウェブサイトの機能の利用状況。ユーザーが入力したと思われる検索ワード。各ウェブページにアクセスした回数。読み込んだデータファイルの名称。伝送されたデータ量。当社ウェブサイトへの移動元のウェブサイト、および当社ウェブサイトから訪問した先のウェブサイト(当社のウェブサイト上のリンクをクリック、または当社のウェブサイトを開いたブラウザのタブ(またはウインドウ)の入力フィールドに直接ドメインを入力)。さらに安全上の理由から、特に当社ウェブサイトへの攻撃や詐欺の企てを予防し、検出するために、ユーザーのIPアドレスとご利用のインターネットサービスプロバイダーの名前を7日間保存します。

b. その他の個人データを保存するのは、例えば登録や連絡先フォーム、アンケート、価格入札に関連して、または契約締結のために、ユーザーからそれらのデータが提供された場合やユーザーの同意があった場合、あるいは有効な法的規定に従って許容されている場合(詳細は下記の「情報処理の法的根拠」を参照)に限ります。

c. ユーザーが個人データを提供することは、法的にも契約上も義務付けられていません。ただし、当社ウェブサイトの特定の機能では、個人データの提供が必須の場合があります。このような場合にユーザーから個人データが提供されないと、機能がまったく使用できないか、または一部しか使用できない可能性があります。

3. 使用目的

a. 当社ウェブサイトを訪問した際に収集される個人データは、ユーザーにとってウェブサイトができるだけ快適になるように、また当社のITシステムを攻撃やその他の違法行為から保護するために使用します。

b. 例えば登録や連絡先フォーム、アンケート、価格入札に関連して、または契約の締結のために、ユーザーが当社にその他の個人データを提供した場合、当社は前述の目的と、ユーザー管理の目的、必要な場合に限り業務取引の処理と精算の目的でそれらのデータを使用します。

4. 第三者への個人データの転送:ソーシャルプラグイン

a. 当社のウェブサイトには、第三者コンテンツを掲載することができます。ユーザーがこれらのコンテンツをクリックした場合、当社は必要な範囲でデータを各プロバイダーに転送します(例:このコンテンツを当社のウェブサイトで見つけたという記載、また場合により、これに関して当社のウェブサイトで入力した事項などのその他情報)。

b. 当社ウェブサイト上で、Facebook、Twitter、Google+などソーシャルネットワークのいわゆる「ソーシャルプラグイン」を設置する場合は、以下のように組み込んでいます:

ユーザーが当社ウェブサイトを訪問する際、ソーシャルプラグインは無効になっています。すなわち、これらのネットワークの事業者に対し、何らかのデータの転送は行われないということです。ユーザーがこれらのネットワークのいずれかを利用する場合は、該当ソーシャルプラグインをクリックすると、各ネットワークのサーバーとの接続を確立します。

ユーザーが該当ネットワークのユーザーアカウントを保有し、ソーシャルプラグインの起動時にログイン状態である場合、ネットワークは、当社ウェブサイトへの訪問をユーザーアカウントに紐づけることができます。ユーザーがこれを回避したい場合は、ソーシャルプラグインを有効にする前に、該当ネットワークからログオフしてください。ソーシャルプラグインを有効にしない限り、ソーシャルネットワークは、別のダイムラーウェブサイトへの訪問を紐づけることはできません。

ユーザーがソーシャルプラグインを有効にすると、ネットワークは利用可能になったコンテンツを直接ユーザーのブラウザに転送し、ブラウザはそのコンテンツを当社のウェブサイト上に組み込みます。このような状況のときは、ソーシャルネットワークが開始し管理するデータ転送も行われることがあります。ソーシャルネットワークへの接続や、ネットワークとユーザーのシステム間で行われるデータ転送、このプラットフォーム上のインタラクティブ機能に関しては、各ネットワークのデータ保護規定のみが適用されます。

ソーシャルプラグインは、ユーザーが解除するまで、またはユーザーのCookieを削除するまで、有効化した状態のままです。


Cookie Statement

c. コンテンツのリンクをクリックするか、またはソーシャルプラグインを有効にすると、個人データが欧州経済圏以外の各国のプロバイダーに開示されてしまうおそれがあります。これらのプロバイダーは、EUの見地からすると、EU一般データ保護規則に相当する個人データ処理のための「十分な保護レベル」を保証するものではありません。リンクをクリックする前に、またはソーシャルプラグインを有効にしてデータ転送を開始する前に、このような状況にあることを考慮してください。

5. 利用データの評価、分析ツールの使用

a. 当社は、ウェブサイトの内容を適切にユーザーの興味と適合させることで、コンテンツを改善していきます。ウェブサイトの利用の好みと、特に人気のある分野を知るために、当社は次の分析ツールを使用しています:Google Analytics、Adobe Analytics

b. これらの分析ツールを使用すると、米国に置かれているサーバーにデータが転送され、そこで処理が行われます。これに関して、以下の点にご注意ください。EUの見地からすると、米国には、EU一般データ保護規則に相当する個人データ処理のための「十分な保護レベル」はありません。ただし、企業に対しては、いわゆる「EU-U.S. Privacy Shield」に従った認証がこの保護レベルの代わりになります。

c. 当社が上記の分析ツールを使用して、当社のウェブサイトへの訪問情報を収集/評価することをユーザーが望まない場合は、今後いつでも拒否(「オプトアウト」)を行うことができます。

当社はユーザーの拒否を受け入れ、ご使用のブラウザにオプトアウトCookieを設定します。このCookieは、ユーザーの拒否を組み込むためだけに用いられます。技術的な理由により、オプトアウトCookieは設定されたブラウザにしか効力がないため、注意してください。Cookieを削除したり、別のブラウザや別のデバイスを使用する場合は、オプトアウトを再設定してください。

d. 以下は、当社が使用している分析ツールのプロバイダーに関する情報と、それぞれのオプトアウトの方法です:

  1. Google Inc. (「Google」):
    GoogleはEU-U.S. Privacy Shieldの認証を受けています。
    Googleによるユーザーデータの伝送や検出、処理を防止することができます。これについてGoogleは下記リンクで情報を提供しています: https://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=en
  2. Adobe Systems Inc. (「Adobe」)
    AdobeはEU-U.S. Privacy Shieldの認証を受けています。
    Adobe Analytics製品による評価を拒否するには、下記リンク先を確認してください: http://www.adobe.com/mena_en/privacy/opt-out.html
  3. YouTube
    当社のウェブサイトは、Google傘下のYouTubeサイトのプラグインを使用します。このサイトの運営者はYouTube, LLC (901 Cherry Ave., San Bruno, CA 94066, USA) です。YouTubeのプラグインを使用する当社のウェブサイトを訪問すると、YouTubeのサーバーに接続されます。このとき、当社のどのページを訪問したかという情報が、YouTubeサーバーに通知されます。YouTubeアカウントにログインしている場合は、YouTubeでの閲覧履歴が個人のプロフィールに紐づけられます。YouTubeアカウントからログアウトすれば、これを避けることができます。YouTubeは、当社のオンラインコンテンツを魅力的に表現するために使用されます。これは、「EU一般データ保護規則第6条1項f」に定められた正当な権利です。ユーザーデータの取り扱いに関する詳細は、YouTubeのプライバシーポリシーをご確認ください:https://policies.google.com/privacy?hl=ja&gl=de

6. 利用状況に基づく情報(ターゲティングおよびリターゲティング)

当社のターゲティングパートナー(Flashtalking、Google Adwords、Google Doubleclick、Vivaki)のウェブサイト上の当社オンラインマーケティング(バナー広告など)を、ユーザーの需要や興味に的確に適合させるために、当社はリターゲティング技術を用いています。その際Cookieには、当社製品やサービスに関するユーザーの興味が保存されます。このCookieは、当社のリターゲティングパートナーと提携している他のウェブサイトへの訪問時に読み出され、ユーザーの興味に関連した情報を表示するために使用されます。これは匿名化されます。つまり、リターゲティングによってユーザーが特定されることはありません。

ダイムラーとそのリターゲティングパートナーが、ユーザーの訪問に関する情報を収集保存し分析すること、またバナー広告をユーザーの興味に適合させることをユーザーが望まない場合は、今後いつでも拒否を行うことができます(オプトアウト)。

拒否を技術的に実行に移すために、ご使用のブラウザにはオプトアウトCookieが設定されます。このCookieは、ユーザーの拒否を組み込むためだけに用いられます。技術的な理由により、オプトアウトCookieは設定されたブラウザにしか効力がないため、注意してください。Cookieを削除したり、別のブラウザや別のデバイスを使用する場合は、オプトアウトを再設定してください。

サードパーティプロバイダーによるCookieの使用は、下記ウェブサイトで管理および無効化できます。 http://www.youronlinechoices.com/uk/your-ad-choices

7. セキュリティ

当社は組織的な技術的安全管理措置を講じており、当社が管理しているユーザーデータを、不正行為、紛失、破損、権限のない人物によるアクセスから保護します。技術発展にともない、安全管理措置もさらに向上し続けています。

8. 情報処理の法的根拠

a. ユーザーが当社に対し、個人データの処理に同意した場合、それが情報処理を行う法的根拠となります(EU一般データ保護規則 (GDPR) 第6条第1項a)。

b. ユーザーとの契約の締結または履行目的での個人データの処理は、GDPR第6条第1項bが法的根拠となります。

c. 当社の法的義務(データの保管など)を履行するためにユーザーの個人データの処理が必要な場合、当社はGDPR第6条第1項cに準拠した権限を有します。

d. さらに、当社の正当な利益と第三者の正当な利益を達成するという目的のため、当社は個人データをGDPR第6条第1項fに従って処理いたします。当社のITシステムの機能保持、また自社および他社の製品とサービスのマーケティング、および法的に規定されている業務取引の記録は、このような正当な利益にあたります。

9. ユーザー個人データの削除

当社が安全上の理由のみで保存したユーザーのIPアドレスと、ユーザーのインターネットサービスプロバイダーの名称は、7日後に削除されます。その他、当社がデータを収集・処理するという目的が失われた場合は、ただちにユーザーの個人データは削除されます。この期間を超えるデータ保存は、当社に遵守義務のあるEUまたはEU加盟国の法律や指令、またはその他の法規に従って必要な場合にのみ行われます。

10. 関連法規

a. データ処理に該当するユーザーには、情報公開請求の権利があります(GDPR 第15条)、権限(GDPR 第16条)、データ消去(GDPR 第17条)、処理制限(GDPR 第18条)、データ移転可否(GDPR 第20条)。

b. 当社が個人データを処理することにユーザーが同意している場合、ユーザーにはその同意をいつでも取り消す権利があります。ユーザーが同意を取り消す以前に行われた、同意に基づくデータ処理の合法性は保たれます。同様に、法的義務の履行のため等、他の法的根拠に基づくデータ処理についても、影響は受けません(「情報処理の法的根拠」の章を参照)。

c. 拒否の権利
ユーザーは、個人の特別な状況から生じる理由により、関連する個人データの処理に対して、一般データ保護規則 (GDPR) 第6条 第1項e) (公共の利益におけるデータ処理)またはGDPR 第6条 第1項f) (利益衡量に基づくデータ処理)に基づき、いつでも異議を申し立てる権利を有しています。異議が申し立てられた場合、次の場合に限り、当社はユーザーの個人データの処理を続行します。すなわち、ユーザーの利益、権利および自由に優先される、当社にとって必須かつ正当な理由が証明できる場合、あるいは法的要求の行使、執行または弁護に使用される場合に限られます。

d. ご要望やご意見がありましたら、下記連絡先までお寄せください:[Eメールアドレスを挿入] dialog@daimler.com

e. 自身の個人データの処理が法規に違反していると考えられる場合、管轄のデータ保護監督当局に苦情を申し立てる権利があります(GDPR 第77条)。

11. ニュースレター

当社のウェブサイトで提供しているニュースレターを定期購読する際、ニュースレターの申し込み画面に入力されたデータは、ユーザーがその他の利用に同意しない限り、ニュースレターの送付にのみ使用します。定期購読は、ニュースレターに記載されている退会手続きからいつでも終了することができます。

12. Daimler AG一括アクセスサービス

一括アクセスサービスの利用条件には特別なデータ保護規則が含まれます。これらの利用条件は、リンクされているウェブサイトやアプリケーションのログイン画面の「アクセス条件」でご確認ください。:

13. Cookie

当社が使用しているCookieとその機能に関する情報は、「Cookieに関する方針」をご覧ください。 Cookieに関する方針

作成:2018年5月

当社はCookieを使用します

Cookieを使用することで当社のウェブサイトをさらに使いやすくし、今後も改良を重ねてまいります。したがって、引き続きウェブサイトをご利用になる場合は、Cookieの使用への同意をお願いいたします。